人を大事にする会社に、人は集まる

当社は、新宿西側にある渋谷区内の人事制度コンサルティング会社です。
社員49人以下の中小企業・ベンチャー企業の人事ブレーンとしてお役に立ちます。


「企業は人なり」
よく使われる言葉です。

では、零細企業や起業したてのベンチャー企業は。

「零細企業は社長なり」

規模が小さいほど、良くも悪くも会社は社長そのものです。

零細から中小・ベンチャー企業になるためには。
やっぱり「人」です。

人をソノ気にさせるのがリーダーの役目。
社員をヤル気にさせるのが経営者の役目。

社内でその手伝いをするのが人事部の役目。

ところで社長の会社には人事部がありますか?
専任の人事担当者はいますか?

織規模が小さいほど、人事部、人事専任担当は、ないと思います。
経理や総務の業務を、まとめて一部門としたり、一担当者が担ったり。

それは経営として、決して間違っていないと思います。
直接利益を生み出す部門ではないことには、できるだけコストを抑えたいですから。

では、人事についての課題を、どのように解決していますか?

社長が一人で情報を集めて、動いていますか?
ご多用な身でなかなか難しいことだと思います。

経理や総務担当者に指示を出して解決にあたらせていますか?
経営的視点がなかったり、専門分野以外のことだったりすると、任せるのもなかなか難しいことだと思います。

中小零細の会社に、人事部がなくてもしょうがない。
だけど人事について社長の手助けをする者は必要です。

「人」の分野を野放しにしておくと、中小零細から「企業」へは進みません。
これは規模の話ではありません。「質」の話です。
あなたの会社は、行き当たりばったりで進みますか?
それとも進みたい方向に進みますか?
当社は、「企業」を目指す社長の、「人」に関する経営ブレーンになります。

人事専任はいないけど人事面の手助けを必要とする、社員49人以下の中小企業・ベンチャー企業のパートナーです。

  • 人事評価テーマ
  • 残業代テーマ
  • 採用テーマ
  • 仕事と家庭の両立

数事と事株式会社
Copyright:(C) 2012 Kazuo Omata All Rights Reserved.